<< おすすめはターミネーターのホラーナイトバージョン(2013)から | main | 貞子バージョンのジョーズ(2013年ホラーナイト)の体験レビュー >>

貞子バージョンのバックドラフト(2013年ホラーナイト) 体験レビュー



次に貞子バージョンのバックドラフト(2013年ホラーナイト)の体験レビューです。




貞子バージョンのバックドラフトは、90分待ちでした(記憶では)。表示時間より早く入れたと思います。




バックドラフトでこんなに並んだのは久しぶりです。やっぱり夜のホラーナイトのバックドラフトは人気高いですね。




ちなみに、貞子バージョンのバックドラフトはホラーレベル2です。確かに、恐怖の演出は良く出来てました。ベタっぽい感じもしましたが。




バックドラフトの館内に入る前の通路にあるモニターには貞子の映像が、ちょいっ、ちょいっと映し出されます。




この先から、貞子バージョンのバックドラフトのネタばれが含まれますので、ご注意を。




まず、バックドラフトの館内に入ると、スクリーンに「心霊科学研究室」という映像が・・・、全員が部屋に入ると研究者が現れます。




テーブルの上には市松人形が置いてあり(黒い布がかけられてます)、市松人形の心霊映像がモニターに流れます。




研究者は、この世の心霊現象は科学で説明ができ、心霊:怪奇現象なんてものはないという話を。




すると、部屋の中で不思議な現象が!




で、次の部屋に・・・。




2番目の部屋でも再び研究者が現れ、観たら1週間後に死ぬという呪いのビデオの話をし、「これは都市伝説。現にに1週間前に呪いのビデオを観た私は生きている。」と語りかけます。




で、ここでトラブル発生!第一段階の恐怖の演出が!!




警備員が出てきてツアー中止を告げ、次の部屋へ移動。




3つ目の部屋に入ると出口が開かず閉じ込められます。通路の電灯も消え・・・




ここで貞子登場!




詳細は伏せておきます。かなりの恐怖演出でした。




なぜだか工場の架台に井戸があったのは笑ってしまいましたが・・・(^^;)




怖がりの人には結構恐怖を楽しめると思います。




ちなみに、貞子バージョンのバックドラフトでは炎の演出はありません。貞子が燃えちゃいますから・・・





関連記事▼▼▼

ハロウィーン・ホラー・ナイト 2013がいよいよUSJで始まる!

ホラーバージョンのジョーズの感想 USJ ハロウィーン・ホラーナイト 2012

ディーコンのスケアリー・バックステージの感想 USJ ハロウィーン・ホラーナイト

ハロウィーン・ホラー・ナイト 2012は大変なことに!

お得なUSJ年間スタジオパス購入



関連情報▼▼▼

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

大阪 ホテル 人気ランキング

大阪 旅行



スポンサードリンク





★★オススメ記事★★

おすすめはターミネーターのホラーナイトバージョン(2013)から

パレード・デ・カーニバル(2013)のフロートの停止場所

ハムナプトラ3(USJ ホラーアトラクション)の体験と感想

13日の金曜日2 ジェイソンのブラッド・ダイナー(USJ ホラーアトラクション)の感想

バイオハザード・ザ・リアルの感想

バイオハザード・ザ・リアル体験 整理券の配布場所

大阪おでかけ遊びんぐ TOPへ 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
 PR

― スポンサードリンク ―





 ― リンクバナー ―

住まいを探す
Twitter
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座